ビバ!五十路!中年パンクスのハンドメイドブログ

五十路の中年パンクスによるハンドメイドに関するブログです。なるべく役に立つ内容にしたいと思います。

上からくる人。

ふと思い出した。

昔、焼肉屋を営んでいた時、自店の上に和食店があって、
そこの店主がまぁ変わった人で(笑)

たまに自店へやって来て、食事をしてくれるのはいいんだけど、
いつも必ず「何でもいいから3人前持って来て!」「売れ残りでいいから!」っていうオーダーだった。(笑)

これ、多分親切でやってたんだと思うんだけど、僕にしてみれば「失礼だなぁ」と思ってた。

やっぱり、食事をしてくれるなら、その時に食べたいものを食べて欲しいと思うし
食べてやってる感」が半端ないと思う。上からって感じ。

その人は自暴自棄が祟ってあの世へ逝ってしまったけど。

 

「店に来てやってる」とか「食ってやってる」「買ってやってる」「金を落としてやってる」って感覚、嫌いだ。

それって、「好きだから来店している」「好きだから食べてる」「好きだから買ってる」わけじゃないよね。

僕自身、ものを作る人なので(いや、そうでなくても)、「その人だから」お店にも行きたいし、「その人が作るから」買いたい。かと言って、盲目的にって訳でもないけど。

僕が作るアナーキーシャツにしても、色んな人が作ったアナーキーシャツがたくさんある訳で。こだわってるもの、こだわりが足りないもの、高いのから安いのまで様々。
そんな中で「僕が作ったものが良い!」と言って熱く支持してくれる方々はめっちゃ大切にしますが、「何でもいいから、売れ残ってるヤツでもいいから」などと言う似非ファンには「あっちで安く売ってますよ」と申し上げましょう。

気持ちや思いを大切にしてくれる人を大切にしたいです。