ビバ!五十路!中年パンクスのハンドメイドブログ

五十路の中年パンクスによるハンドメイドに関するブログです。なるべく役に立つ内容にしたいと思います。

iMacが死にかけました。其の壱

うお、ここのブログ、1ヶ月サボってしまった。
ま、いっか(笑)


あたくしのiMacが死にかけた話。

Macユーザー上級者なら「なあんだそんなぐらいで〜」というお話でしょうが、初級に近い中級者レベルのあたくしには、一大スペクタクルだったのです。

去る9月29日、Time Machineとして使っていた外付けHDD(A)が突然バックアップ作業をやめてくれなくなったので、外付けHDD(B)に切り替えるというちょっとしたトラブルがあったのです。

切り替え後はスムーズにバックアップし始めたので、あ〜良かったと一安心しました。
が!10月5日 午前10時ごろ、またしてもバックアップをやめてくれなくなった。
おそらく、その少し前にiPhoneのバックアップ&アップデートするため、iTunesを開いたときに、iTunesからアップデート(なんか忘れたけど)を勧められアップデートしたことが原因かな?と勝手に思ってる。

 

あ、因みにあたくしのiMacは・・・

f:id:pyuta1969:20181009170305j:plain
というスペックです。


何度かバックアップをやり直すも、やはり終わってくれない。
「はは〜ん、データに問題があるんだな」と考えたあたくしは、健全にバックアップをとってくれていた日時のデータでiMacを復元しようと試みたわけです。

やめておけば良かったんです・・・
嫌な予感はあったんですよ。はい。

いざ、復元開始!
1GB復元しました、2GB、3GB、10GB、20GB、30GB・・・31、32、33、34・・・
34.75GBで止まったまま動かなくなる。いや、正確には動いたまま何も進まない。

もう一度、復元開始!
1GB復元しました、2GB、3GB、10GB、20GB、30GB・・・31、32、33、34・・・
34.75GB・・・またカウントが止まる。

ええい!もう一度!

・・・と4、5回繰り返しても結果は同じ。

ここでバックアップデータを諦めて、外付けHDD(B)をフォーマットし直せば良かったんです。ええ、どうせ大したデータなど入ってないんですから。

でも諦めず、PRAMのクリアしてみるも変化なし。続いてセーフブートも変化なし。

しかし、諦めも頭も悪いあたくしは、さらに悪化を招くようなことをしでかすのです。

OSの再インストール!

「OSを入れ直してやれば、復元できるんじゃないの?」などと我ながらの名案(安易)で暴挙を進めますw

・・・インストール残り2分ほどのところで
APFSインストール用のprebootボリュームを作成できませんでした」のメッセージ。

え?なんて?
もう一度試すも「APFSインストール用のprebootボリュームを作成できませんでした」のメッセージ。

ん〜〜〜〜〜そっか、内蔵SSDのフォーマットか。(やめとけ!w)
よし!SSD消去!もう一回インストール!

「APFSインストール用のprebootボリュームを作成できませんでした」www

ちーん・・・万事休すw

 

つづく