ビバ!五十路!中年パンクスのハンドメイドブログ

五十路の中年パンクスによるハンドメイドに関するブログです。なるべく役に立つ内容にしたいと思います。

iMacが死にかけました。其の弐

SSDを消去、フォーマットし再インストールを試みるも

「APFSインストール用のprebootボリュームを作成できませんでした」www

ちーん・・・万事休すw

OSを失ったMy iMacもう通常の起動はしません。
うぇ〜〜〜〜〜どうしたらいいんだよぉ〜

 

「あ、そうだ購入時に付属してたDVDがあるやん!」
「もう一度、10.6.2から出直そう!」

と、DVDをスロットに差し込むも読み込むどころか吐きだす(泣

うぇ〜〜〜〜〜どうしたらいいんだよぉ〜

 

半泣きになりながらMacBook Proで必死に解決策を検索していると、ひとつの記事が目にとまりました。

「ターゲットディスクモードでOSをインストール」

これだ!これよね!

早速、以前購入して使わなかったFireWireケーブルでiMacMacBook Proを繋いで、MacBook Proをターゲットにして起動。
・・・結果から申しますと、インストールはできたものの文字入力ができない(キーボードは認識するけど入力不可)iMacが出来上がりましたw

この状態で逆にiMacをターゲットにして起動して、MacBook Proから操作しようと試みるも、やはりダメw

うぇ〜〜〜〜〜どうしたらいいんだよぉ〜

 

あ、そうだ!サポートに電話しよ!」(もっと早よ気づけwww)

 

電話中・・・

 

「ターゲットディスクモードでOSをインストール?(笑) んなことしたってダメっすよ(笑) MacBook Proから余計な情報を持ってくるのでダメっす(笑)」*こんな言い方ではなかったけど

で、もう一回SSDを消去、フォーマットし直して、リカバリーモードから再インストールを試してくださいとのことでした。

消去方法も一から手順を確認、そして消去完了!
いざ!再インストーーール!

「APFSインストール用のprebootボリュームを作成できませんでした」wwwwwwwwwww

またお前か。

Time Machineの不具合から始まって・・・、復元、そしてOSの再インストール、SSDのフォーマットと問題を大きく大げさにしてしまって・・・ジャロってなんじゃろ(泣

 

「あ」

きっと同じことで悩んだ人がいるに違いない。
大抵のことはMacなら何とかなる」と教えてくれた人の言葉を信じて、呪文のように出てくる「APFSインストール用のprebootボリュームを作成できませんでした」を検索してみた。

「ほら!同じような人がいるじゃん!」

これで何とかなる!
そう直感したあたくしは、さらなる未知への扉を開くのである。

 

つづく