ビバ!五十路!中年パンクスのハンドメイドブログ

五十路の中年パンクスによるハンドメイドに関するブログです。なるべく役に立つ内容にしたいと思います。

iMacが死にかけました。其の参

きっと同じことで悩んだ人がいるに違いない、と。
APFSインストール用のprebootボリュームを作成できませんでした」を検索してみた あたくし。

同じような事例を見つけ、これで何とかなる!そう直感したあたくしは、さらなる未知への扉を開くのである。←大袈裟

あたくしのiMacを復活に導いてくれたサイトがこちら↓

qiita.com
まさに未知の世界でしたがこちらのおかげで何とかなったのです。
その手順とは・・・

  1. SMC のリセット
    一旦、iMacの電源を落とし、コンセントプラグを抜き、15秒ほど待ってコンセントプラグをさして5秒ほど待ってiMacの電源を入れる。

  2. PRAM のリセット
    電源をオンして起動音が聞こえたらすぐに「option + ⌘ + R + P」を同時押し!何故か起動音も鳴らなくなってしまったので、タイミングが難しかったw

  3. インターネット復元から起動(High Sierra以前のOSリカバリを起動するため)
    ここが第一関門で、あたくしのiMacは古いのでインターネット復元が付いていないのです。なので、先にUSBインストーラを作成して置く必要があったのです。
    USBインストーラの作り方まで解説があり、本当に助かりました〜
    USBインストーラの作り方はこちら↓

    qiita.com

    「ターミナル」に記述するという、ちょっとハードルが高そうな所もありますが丸っとコピってペーストなので楽勝w
    あ、でもリンク先の記述(High Sierraの場合)で頭に「$」が付いていますがそれは不要だったようです。「sudo」からケツまででok。
    インストーラを作るときにも、トラブルがあったんですがそれはまたの講釈でw

  4. パーティションマップの再作成
    やっとこせ、出来上がったUSBインストーラiMacに差し込み「⌘ + option」で起動。ディスクユーティリティを表示して、内蔵SSDをひとつのパーティションに。*複数並んでいる場合は全て消去

  5. MBR にしてGUID に戻す
    ひとつのパーティションにしたところで、Mac OS 拡張(ジャーナリングを選び、方式から「マスター・ブート・レコード」(これがMBRねwww)を選択して消去!
    処理後、今度はMac OS 拡張(ジャーナリングを選び、方式から「GUIDパーティションマップ」を選択して消去!
    う〜〜〜ん意味がわからんwww

  6. HIGH Sierraのインストール
    一旦、終了して電源を落とし、再度「⌘ + R」リカバリーモードで立ち上げ・・・何ですが、何故かユーティリティが起動しなかったので、先ほどのUSBインストーラiMacに差し込み「⌘ + option」で起動。
    で、ユーティリティを表示して、先ほどGUIDパーティションマップにして消去したディスクを今度はAPFSフォーマットで消去!
    う〜〜〜んわけわからんwww
    で、消去が完了したらユーティリティを終了して、OSの再インストール!

これでうまくいかなかったら、もう本当に諦めようと思ってました。
が、約30分後!

インストール成功!
あたくしのiMacが戻ってきたのです!

よかったーーーーー!!!

そして、この先は元々の状態に戻すべく「復元作業」があるわけですが、バックアップデータから必ず戻したかったのはAdobeのアプリケーション Illustrator CS5.5とPhotoshop CS5.5だったのですが、元々High Sierraではうまく動作していなかったので(特にイラレ、フォトショはまあまあ動いてた)Illustrator CS5.5とPhotoshop CS5.5とはお別れを決意。

必要なユーザデータのみをバックアップデータからコピーして使うことにしました。
今後、グラフィックデザインのご依頼があれば、必要に応じてadobi CCを使うことにします。

もうダメかなぁと思ったけど、何とか復活できて本当に良かったです。
何とかなるもんですね。
何事も諦めてはいけないということを再認識できたと思います。

最後に、この3つの投稿(其の壱其の弐、其の参)が同じようなトラブルで(まーそんなアホはいないと思うがw)困った方の役に立ちますように!