ビバ!五十路!中年パンクスのハンドメイドブログ

五十路の中年パンクスによるハンドメイドに関するブログです。なるべく役に立つ内容にしたいと思います。

ものを作る人の波動と周波数。

おはようございます。

やっと、暦に気温が追いついたのか
この時期らしく、ぐっと冷え込む朝です。

寒いですが朝イチは窓を開けることから始めます。

 

 さてさて、今日も綴ってまいります。

 

自分の波動や周波数を上げることは「ものづくり」にも影響する。

これはもう、当たり前ですね。
波動や周波数が低ければ、その作品の完成度も低くなります。
逆に波動や周波数が高ければ、その作品の完成度も高くなります。

 

ところで、その波動とか周波数って何でしょう?

 

人間は微量ではあるけれど、電気(エネルギー)を発しています。
その発しているエネルギーこそが「氣」であるとボクは思っています。

 

「氣」とは、元氣、病氣、陽氣、陰氣などや「氣になる」「氣にする」「氣を遣う」などに使われる「氣」のことです。

その「氣」は、まさに「波」のような「波形」を作っていると思うのです。
その「波形」が「波動」や「周波数」を作り出していると考えています。

波動や周波数は、その人のバロメーターであり、その人のパワーであり、その人のカラーであると思うのです。

 

故にエネルギッシュでパワーのあるひとは波動や周波数の高いひとと言えるでしょう。
そんな高周波数、こう波動なひとの周りには同じようなエネルギーを持った人々が集まってきます。低くても同じように低いエネルギーの人々が集まってきます。

クリエイターと呼ばれるひとたち・・・、デザイナーや美術家、陶芸家、建築家にインテリアデザイナー、ファッションデザイナーにファブリックデザイナーなどなど

それらに従事する人々もそうです。
*もちろん、その他の職業でも同じことが言えます。

 

エネルギッシュで、パワフルで、常に話題に上がる人々は皆共通して高周波数、高波動ですので、その人々の周りには常に同じようなエネルギーの人々が集まります。

 

その中で、新たなアイデアや技術を発見したり、「こうすればもっと良くなる」などのアドバイスも受けられたりします。切磋琢磨ですよね。

もちろん、自発的に出てくるアイデアや技術力も高まります。

 

このように、波動や周波数を意識することは非常に大切なのかなと思います。
では、どのように波動や周波数をあげれば良いのか?が氣になりますよね。
ボクが氣をつけていることをいくつか並べてみます。

  • 身綺麗にする。
  • 動作音をなるべく立てない。
  • 身体が喜ぶことをする。
  • 意識の高い人と接触する。
  • 本物に触れる。
  • なるべく100均で買い物をしない。
  • なるべくコンビニでも買い物をしない。
  • テレビは見ない。
  • 朝のルーティンを大切にする。
  • 人を思う。
  • 自分のことを丁寧にする。

思いつくだけ並べましたが、他にもあると思います。
色んなことを気をつけたり、気をつけられることは全て自分のやっていることに繋がります。

物を作る上でも、もっといいものを作りたい、もっと高い技術を身に付けたいと思う気持ちにも繋がります。
↓こういったことにも繋がるのかな。
punks.tanabotadow.com

 

自分の波動や周波数を上げることは「ものづくり」にも影響する。

 

と、自分にも言い聞かせて今日も色々と作ります(笑)