ビバ!五十路!中年パンクスのハンドメイドブログ

五十路の中年パンクスによるハンドメイドに関するブログです。なるべく役に立つ内容にしたいと思います。

物作り(アナログ)とパソコン(デジタル)の深い関係。

おはようございます。

毎日、同じフレーズで申し訳ないですが・・・
寒くなりましたね(笑)

が、朝イチは窓全開です!


皆さんは「これがないと仕事ができない」という道具って使ってますか?
それはどんな道具ですか?
今日は仕事道具について書いてみたいと思います。

 

ではでは

PCがないと仕事にならんのです。

ボクはモノを作る仕事をしています。
どんなモノを作っているかと申しますと。

  • グラフィックデザイン
    ロゴ制作や一般印刷物などのデザインおよびレイアウトなど。

  • 革小物
    制作する上で必ず必要になる「型紙」を作図。

  • 洋服
    これも制作上、必ず必要になる「パターン(型紙)」を作図。

  • ブログ
    これは仕事と言えるのかわかりませんが、毎日続けたいので(笑)

とまあ、こんな感じなんですが、これすべてPCがないと仕事にならないんです
厳密に言えばなくても進められる仕事もあるんですが、人間という生き物は便利さを知ると元に戻れなくなってしまうのですね(笑)

 

PCならなんでも良いというわけにはいきません。

ボクの場合、Apple社のMacMacintosh)じゃないと嫌なんです。
「別にウィンドウズマシンでも良いじゃん」と聞こえてきそうですがダメなんです。
ええ、アップル信者ですよ(笑)

使い慣れているからというのはもちろんですが、何より見た目!デザインが良い!
というお話は、また今度(笑)

 

 

グラフィックデザイン

ボクが社会に出た頃は、まだ手描きでロゴを作ったりということが当たり前でした。
写植屋」という業種が存在していて、フォント(書体)や文字の大きさ(Q数)などを指定して、印刷物などに使う文字をタイピングしてくれるサービスがあったのです。

今は、手描きで描いたロゴやキャラクターなどのラフスケッチをスキャンしてPCに取り込み、PC上で取り込んだスキャン画像をトレースしたり、またはそのままデジタルデータにします。もちろん、PCでダイレクトに作業することもあります。

そのデジタルデータを印刷物などのデータとして使うわけです。
ゆえにPCなしでは仕事にならないのです。

 

革小物の型紙

より正確で、より早く製図できることから、PCで製図しています。
特に曲線部分などは非常に綺麗に製図できるので重宝します。

とは言え、製図した型紙はコピー用紙にプリントアウトするので、そのままではペラペラしていて使いずらいので厚紙に糊貼りし、フリーハンドで切り出します。
ここから革製品の仕上げまではアナログ作業ということをやっています。

 

洋服のパターン

元は手描きだったこの作業も少しずつPCへと移行していきました。
洋裁が得意だった相方(失踪(笑))は手描きの方が楽だと言っていましたが、微妙な修正がある場合、修正を繰り返す場合など、断然デジタルの方が便利です。

もちろん、こちらもアームホールなどの曲線が綺麗に描けます。
洋服のパターンになると大きいので、定番のパターンなどあまり変更のない場合は近所の出力屋さん(印刷会社など)でロール紙などでプリントアウトしてもらいます。

そのプリントアウトした型紙を不織布にトレースして切り出します。
ある程度、繰り返し使えるようにするわけです。
これもやっぱり仕上げはアナログです。

 

ブログの更新

これについては説明不要ですよね。
PCやスマホがないとアップできませんよね(笑)

あ、でも、誰かに更新作業を依頼できるならPCは不要かもしれませんね(笑)

 

便利なPCもトラブってしまうとただの箱

そんな便利なPCも使っていくうちに、古くなってくると不具合が出てきますよね。
そんな時、ホント泣きそうになりますよね(笑)

ボクは全ての作業を古〜いiMacでやっています。
今使っているiMac (21.5-inch, Late 2009)で3代目。
もう10年も前のマシンです。

ちょうど去年の今頃、ひょんなことからトラブってしまい、大変なことになったのを思い出します。
使えなくなれば「ただの箱」、現在のiMacの場合箱っぽくないですが(笑)

その時のことを書いた記事がありますので同じようなトラブルを起こした方のために貼っておきますね。まー、あまりないと思いますが(笑)
無駄に3話まであります(笑)

 

punks.tanabotadow.com

 

punks.tanabotadow.com


punks.tanabotadow.com

 

電源を落としてしまうと二度と立ち上がってくれそうにないので、あれから電源は落としていません(苦笑)

 

とまあ、PCはボクにとって物言わない大切な仕事道具・・・というよりは大切な仲間なわけです。
10年も一緒にやってきて、大きなトラブル(笑)も乗り越えて・・・本当にありがとう!これからも、まだまだクリエイトしていこうな!(笑)

 

今、この子が死んでしまうということは、ボクの死も意味するのですw