ビバ!五十路!中年パンクスのハンドメイドブログ

五十路の中年パンクスによるハンドメイドに関するブログです。なるべく役に立つ内容にしたいと思います。

自分好みのアナーキーシャツは作った方が早い!

アナーキーシャツを自作したい人がどれくらいいるのかはわかりませんが(笑)、今日はアナーキーシャツの制作について少しお伝えしましょう。

 

 

 

自分好みのアナーキーシャツは作った方が早い!

アナーキーシャツを制作して、販売まで行なっているボクがいうのも何ですが
「自分好みのアナーキーシャツは探すより、自分で作る方が手っ取り早い」です。

たとえ、最初は上手くできなくても何着か作るうちに上手くなって、どこにも存在しない自分だけのアナーキーシャツが作れるようになります。

その方が愛着感も違うでしょうし。

 

 

アナーキーシャツって何?」という方へ。

この記事を読んでくださっている方々は多分「アナーキーシャツって何?」という方はいないと思いますが、この記事でアナーキーシャツに興味を持っていただいた方のためにザックリと簡単に。

 

アナーキーシャツとは

  • パンク時代真っ只中の1970年代、ヴィヴィアン・ウエストウッドマルコム・マクラーレンSEX PISTOLSの楽曲「ANARCHY IN THE UK」のプロモーションのために作ったシャツ。
  • Wemblexのビジネスマン用のシャツをグレーに染色し、ナチスドイツの強制収容所に入れられたユダヤ人の服に見立てたストライプ柄を作るために全体的にブリーチで縞模様に。
  • 右前身頃には、黒や赤の布にブリーチを使って手書きで書かれたスローガンのパッチ、そしてカール・マルクスの肖像パッチが縫い付けられています。

  • 左前身頃には、「Only Anarchists are Pretty」という言葉がステンシルでプリントされています。

  • 「Chaos」と書かれたアームバンドが付く場合もあります。

f:id:pyuta1969:20191008091206j:plain

ボクが制作したアナーキーシャツです。



アナーキーシャツの制作に必要なもの。

では、実際に制作するにあたって必要な材料を説明します。

 

材料

  1. Wemblex風のストライプ柄のシャツ
    このベースとなるシャツがないと始まりません。
    既製品のストライプシャツで進められますが、どうしてもWemblex風のシャツで制作してみたいという方はご相談ください。

  2. 染色剤
    いろんな染色剤がありますのでお好みのものを用意します。
    代表的な染色剤はこちらです。

    dylon.co.jp

    www.katsuraya-fg.com

  3. ブリーチ
    有名メーカーのブリーチ、100均のブリーチどちらでもOKです。

  4. 布用絵の具
    ペイントやステンシルに使います。
    布用の絵の具で、乾いた後なるべくバリバリにならないもの。
    使いやすい絵の具はこちらで購入できます。

    www.craftworkskyoto.com

  5. スローガンパッチ
    黒や赤の布にブリーチでスローガンを手書きしたものを用意します。
    上手く書けない方はご相談ください。

  6. マルクスパッチ
    カール・マルクスの肖像パッチを用意します。
    ネットなどでプリントもののマルクスパッチは入手できますが、「織り」で制作したパッチを使用する方がより本物志向です。
    入手困難な方はご相談ください。

  7. スワスティカイーグルのパッチやワッペン
    襟に付くスワスティカイーグルのパッチ、また胸に逆さまにつけるスワスティカイーグルのワッペンを用意します。
    入手困難な方、ワッペンの方は現在準備中ですが、襟につけるパッチの方はご相談ください。

  8. ステンシルシート
    「Only Anarchists are Pretty」とステンシルプリントするためのシートです。
    また、右袖に「Try Subversion」とプリントする場合、こちらも用意します。
    市販品のステンシルシートでも可能ですが、よりリアルに制作したい方はご相談ください。

 

揃えられない、上手く書けないなどの場合、ご相談いただければ対応可能なものでしたら対応しますのでお気軽にどうぞ。

 

 

アナーキーシャツの制作におけるポイント。

次回は、アナーキーシャツを作る上でポイントになる部分を解説したいと思います。

アナーキーシャツをどうしても自分の手で作ってみたい。
という方、必見です。

punks.tanabotadow.com