ビバ!五十路!中年パンクスのハンドメイドブログ

五十路の中年パンクスによるハンドメイドに関するブログです。なるべく役に立つ内容にしたいと思います。

レザークラフト初心者あるある「コバの未処理」

おはようございます。

今日、11月22日は「いい夫婦の日」だそうです。
バツ3のボクだからわかる「いい夫婦の秘訣」についていつか記事を書こうかと思います(笑)

それは置いといて(笑)
今日は、レザークラフト初心者あるある「コバの未処理」についてお伝えします。

 

 

コバの処理をすれば格段に作品の完成度が上がる。

ネットで色んな人の作品を拝見するんですが、レザークラフトの初心者に多いなぁと思うのが「コバの未処理」です。

どういうことかと言いますと
革の切り口=コバが「切りっぱなし」なんです。

そのまま完成を迎えてる作品が多いなぁと感じたんです。

何ともったいない!

きっちりとまではしなくとも、コバの処理をすれば格段に完成度が上がります。

 

 

簡単なコバ処理方法。

ボクが行なっているコバの処理方法です。
簡単かつ綺麗に処理できると思いますのでお試しください。

揃える道具

  • ヤスリ
    百均などで売っているプラモデル用のヤスリなどでも十分です。

  • コバ処理剤
    トコノールやCMCなど。Amazonでも購入できます。

  • コバ磨き用の帆布
    Amazonでも購入できます。

ボクはこれだけで処理しています。

 

処理の手順

  1. ヤスリでコバを整えつつ、角も軽く落とす。
    銀面に傷をつけないように注意しながら整えます。

  2. コバ処理剤を綿棒などで塗る。
    銀面に付着しないように注意しながら塗ります。

  3. 帆布で磨く。
    艶が出るまで磨きます。

これだけで切りっぱなしの作品と比べ、
格段にコバが綺麗に仕上がり、作品として完成度が上がります。

 

 

もっとやりこむ方法もあります。

プロレベルになると、もっと仕上げます。
プロレベルの仕上がり&完成度を目指す方はこちらを参照してください。
かなり詳しく説明してくれています。

そこまでしなくても素早く処理したい方は、ボクのやり方がオススメです。

 

 

最後に

簡単な方法、手間をかけた方法、もちろんそのままにしておく方法と、方法は様々です。
「これでないといけない」という方法はありません。
ボクも独学でやってますし、作ることが楽しければOKだと思っています。

今後もレザークラフト初心者に向けて作ることの楽しさをお伝えできたらと思います。